花火

半球状に鮮やか「海上自爆」 三重・熊野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
半球状に広がる海上自爆=三重県熊野市井戸町で2018年8月17日午後7時34分、汐崎信之撮影
半球状に広がる海上自爆=三重県熊野市井戸町で2018年8月17日午後7時34分、汐崎信之撮影

 熊野大花火大会(三重県熊野市、同市観光協会主催)が17日夜、同市木本町~井戸町の七里御浜海岸であり、観客約17万人が追善や事業所協賛の打ち上げ花火ほか、台船などの計3カ所から上がる約1万発を楽しんだ。

 大会は極楽寺(木本町)で始まった、初精霊供養の花火が起源とされ、300年以上の歴史がある。

 この日は、熊野商工会議所などの打ち上げ…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文359文字)

あわせて読みたい

注目の特集