遺品整理

高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 親や兄弟などの近親者が亡くなった時の「遺品整理サービス」を巡り、「高額な追加料金を請求された」「遺品以外のものを勝手に処分された」などという相談が全国の消費生活センターに相次いでいる。お年寄りの1人暮らし世帯の増加や核家族化が背景にある。国民生活センターは、作業内容や料金を事前に確認するよう注意を促している。【岡礼子】

 同センターによると、2013年4月~今年6月に寄せられた相談件数は計522件で、うち女性が337件を占めた。年代別では70代(91件)▽60代(90件)▽50代(87件)▽80歳以上(75件)--の順に多かった。主な相談内容(複数回答)は契約・解約の372件がトップで、価格・料金(189件)、販売方法(171件)が続いた。契約書に作業内容や費用単価の記載がなく、契約書自体を交わしていないケースも…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1212文字)

あわせて読みたい

注目の特集