フィッシング

大量の書籍「無料」うたうサイトに注意

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
著作者名で料索すると大抵の本が表示される(画像の一部を加工しています)
著作者名で料索すると大抵の本が表示される(画像の一部を加工しています)

大掛かりで多言語 音楽、映画も

 書籍が無料でダウンロードできると欺き、クレジットカード情報などを詐取する日本語のフィッシングサイトが現れた。表紙画像のついた大量の書籍が検索できるなど、作りも巧妙だ。本だけでなく音楽や映画を提供する同種のサイトを多言語で展開しており、大がかりで組織的な仕掛けが垣間見られ、注意が必要だ。

 セキュリティー関係者によると、本の表紙画像は、書籍検索サービス「Googleブックス」から入手したと見られる。サイトトップページの言語コードは英語(en-US)だが、仏語の別ページがあるほか、ロシア語の解析ツールを使用した痕跡もあり、「多国籍の作り」という。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1215文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集