メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

「最終拠点」緊迫 政権軍、イドリブ県制圧狙う

シリア北西部イドリブ県の村から避難する人たちを乗せたバス=7月19日、国営シリア・アラブ通信・AP

 【カイロ篠田航一】シリア内戦で優位を固めたアサド政権軍が8月に入り、反体制派に残された最後の重要拠点である北西部イドリブ県への圧力を強め、緊張が高まっている。ロイター通信などによると、12日にはイドリブ県のトルコ国境付近の村にある武器庫が爆発し、反体制派戦闘員の家族ら60人以上が死亡。10日にも同県や隣接するアレッポ県で空爆や砲撃があり、民間人ら50人以上が死亡した。いずれもアサド政権側による攻撃とみられ、近く政権軍が総攻撃を始めるとの観測も出ている。

 2011年に始まった内戦は、反体制派の拠点だった南部ダルアー県や首都ダマスカス近郊の東グータ地区が今年に入り政権軍によって次々に制圧された。残るイドリブ県が陥落すれば、7年に及ぶ内戦は事実上、アサド政権側の勝利が決まる。アサド大統領は7月下旬、ロシアのメディアに「次の目標はイドリブだ」と述べ、本格的な攻撃開始を示唆した。一方、イドリブ県の反体制派幹部は毎日新聞の取材に「イドリブ県には現在、反体制…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです