メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

「最終拠点」緊迫 政権軍、イドリブ県制圧狙う

シリア北西部イドリブ県の村から避難する人たちを乗せたバス=7月19日、国営シリア・アラブ通信・AP

 【カイロ篠田航一】シリア内戦で優位を固めたアサド政権軍が8月に入り、反体制派に残された最後の重要拠点である北西部イドリブ県への圧力を強め、緊張が高まっている。ロイター通信などによると、12日にはイドリブ県のトルコ国境付近の村にある武器庫が爆発し、反体制派戦闘員の家族ら60人以上が死亡。10日にも同県や隣接するアレッポ県で空爆や砲撃があり、民間人ら50人以上が死亡した。いずれもアサド政権側による攻撃とみられ、近く政権軍が総攻撃を始めるとの観測も出ている。

 2011年に始まった内戦は、反体制派の拠点だった南部ダルアー県や首都ダマスカス近郊の東グータ地区が…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです