メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

プラごみ削減検討 環境省小委が初会合

 環境省は17日、プラスチックの使用削減やリサイクルなどを強化する「プラスチック資源循環戦略」を検討する小委員会の初会合を開いた。微細なマイクロプラスチックによる海洋汚染が新たな地球環境問題と見なされ、欧州などで使い捨てプラスチックの削減が急速に進む一方、中国がプラスチックごみの受け入れを禁止した影響も避けられず、日本は対策の立て直しを迫られている。

 小委員会には業界団体や研究者ら18人が参加。環境省は戦略に盛り込む論点として、プラスチック使用量の大幅削減や再利用の促進▽バイオマスなど再生可能資源の利用▽海外のプラごみが海洋流出しないための国際協力--など7項目を提示した。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです