メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博物館

57年ぶり新種ナマズ確認 日本固有4種目

新種のタニガワナマズ=滋賀県草津市下物町の琵琶湖博物館で2018年8月17日午後1時58分、礒野健一撮影

 滋賀県立琵琶湖博物館と北九州市立自然史・歴史博物館は17日、国内で57年ぶりに新種のナマズを確認したと発表した。主に東海地方の流れの速い谷川にすむことから、「タニガワナマズ」と命名された。日本固有ナマズとして4種目で、新種は1961年に「ビワコオオナマズ」「イワトコナマズ」(いずれも琵琶湖周辺に生息)が確認されて以来。

 琵琶湖博物館は2014年ごろから三重県の川で捕獲されたナマズを飼育していたが、研究員が体付きや色、…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  2. 訃報 芦田淳さん88歳=ファッションデザイナー
  3. ORICON NEWS NHKの体操番組に熱視線、5分で心をつかむ“裏切らない体作り”とは?
  4. 米国 デザイナーのケイト・スペードさん死亡 自殺か
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです