メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博物館

57年ぶり新種ナマズ確認 日本固有4種目

新種のタニガワナマズ=滋賀県草津市下物町の琵琶湖博物館で2018年8月17日午後1時58分、礒野健一撮影

 滋賀県立琵琶湖博物館と北九州市立自然史・歴史博物館は17日、国内で57年ぶりに新種のナマズを確認したと発表した。主に東海地方の流れの速い谷川にすむことから、「タニガワナマズ」と命名された。日本固有ナマズとして4種目で、新種は1961年に「ビワコオオナマズ」「イワトコナマズ」(いずれも琵琶湖周辺に生息)が確認されて以来。

 琵琶湖博物館は2014年ごろから三重県の川で捕獲されたナマズを飼育していたが、研究員が体付きや色、…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです