ゾルゲ事件文書

スパイ浸透矮小化へ走る 各省が修正要求

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ゾルゲと共に逮捕された元朝日新聞記者、尾崎秀実は近衛内閣の嘱託も務めた
ゾルゲと共に逮捕された元朝日新聞記者、尾崎秀実は近衛内閣の嘱託も務めた

 <司法当局談中第一枚六行目(略)ヲ削除セラレタシ><第二枚目ノ五ヲ削除セラレタシ>

 日本政府を震撼(しんかん)させた国際スパイ事件「ゾルゲ事件」は、1942(昭和17)年5月16日に報道発表された。今回見つかった太田耐造関係文書のうち、同14日付の「外務省非公式意見」では、同省が内務省の報道発表草案(「国際諜報(ちょうほう)団事件に関する司法当局談」)に細かな意見をつけている。草案は随時更新され、それぞれ「厳秘」「極秘」の印が押されている。

 タイプまたは手書きで修正を重ね、文章を消したり書き足したりした推敲(すいこう)の形跡が生々しい。細心の注意を払ったことがうかがえる。

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1276文字)

あわせて読みたい

注目の特集