アメフット

日大部員「監督の指示あった」 警視庁に説明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日大アメリカンフットボール部・内田正人前監督=丸山博撮影
日大アメリカンフットボール部・内田正人前監督=丸山博撮影

 日本大アメリカンフットボール部の選手が悪質なタックルをした問題で、同部の複数の部員が警視庁に対し「監督の指示があった」という趣旨の説明をしていることが17日、日大関係者への取材で明らかになった。内田正人前監督と井上奨元コーチは任意の事情聴取に指示を否定しているといい、警視庁は経緯を慎重に調べている。

 捜査関係者によると、警視庁は部員やチーム関係者らから経緯を聞いている。複数の部員が反則行為について「監督の指示があった」と説明した一方、前監督らは聴取に対して否定したという。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文467文字)

あわせて読みたい

注目の特集