メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道連盟

居合昇段、不正の温床 客観性担保なし

剣道・居合道の段位・称号の仕組み

 全日本剣道連盟は17日、居合道の称号・昇段審査を巡り、合格依頼のために金銭の受け渡しが行われていたことを明らかにした。背景には審査に主観的な要素が多く、審査員の歓心を買うために金品が介在しやすい状況がある。

 居合道では「昇段審査」を経て初段から八段までの段位が付与されるが、剣道と異なるのは審査方法。1対1で対戦する実技などを課す剣道に対し、居合道は演武の出来を評価して判断する。このため、合否の判断で客観性を担保するのが難しい面があった。

 審査員の顔ぶれが長年同じであることも不正の一因となった。範士や八段の審査員は10人程度で構成され、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです