メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

華恵の本と私の物語

/25 もうちょっとだけ子どもでいよう

 「そのとき阿部あべくんがね、『おかあさんはほめてくれたもん』ってって、森山もりやまくんが『マザコンだ、キモ!』ってったの。そしたら阿部あべくんが『ふざけんな!』ってって、びかかって」

     「で、どうなったの?」

     ははがこちらをた。やっと、フライパンのナスから視線しせんをこちらにけた。

     「なんとね……」

     すこしもったいぶってをあけた。ははが、わたしにぐっと集中しゅうちゅうする。

     「阿部あべくん、いたの」

     「あらら」

     なーんだ、といった表情ひょうじょうはははまたナスをかきはじめた。はなしの「オチ」をったつもりだったけど、つまらなかったかな……。

     「で、阿部あべくんが『おかあさーん!』ってきながら森山もりやまくんをたたいたの。そしたら森山もりやまくんが『うっせーよマザコン!』ってたたきかえして。また阿部あべくんが、『おかあさーん!』ってたたいて。それを何回なんかいもポカスカかえして、わらないの!」

     はははプハッとした。よし、ウケた。

     ほんとうはそんなこと、阿部あべくんってないけど。そもそも、いてもいないのだけど。

     テーブルにナスのいたものならべ、あに部屋へやからてきた。三人さんにんで「いただきます」をして、コップにおちゃそそいだとき、

     「さっきおまえはなしにうそをってただろ」

     あにがボソッとった。

     ドキンとむねいたみがはしる。わたしはこえなかったふりをして、無視むししてごはんべた。

      + + + + 

     『もうちょっとだけどもでいよう』には、小学生しょうがくせいさきと、中学生ちゅうがくせいひかり二人ふたり姉妹しまいてきます。家族かぞくこい友達ともだち学校がっこうなど、日常にちじょうなやみはえません。長女ちょうじょひかり度々たびたび、ラジオにお便たよりを投稿とうこうするのですが、いつもつくばなしいています。はじめは、長年会ながねんあえていなかったおかあさんにいにはなしや、いもうとをやけどさせたはなしなど。ラジオのパーソナリティーは小説しょうせつのようにひとひかりのお便たよりを、どんどん紹介しょうかいしていきます。やがてひかりのうそはエスカレートし、おじいちゃんとおばあちゃんをにわめた、というおそろしいことまでいてしまいます。

     だれかをきずつけるうそはいけません。もないことをって信用しんようしてもらえなくなる場合ばあいもあります。でも、うそのはなしつくること自体じたいは、こころだったりします。

     わたしのまわりの大人おとなたちは「つくばなしをするって、ものすごく大切たいせつなことだよね」とひとばかりです。

     ひとたのしませようという気持きもちや発想力はっそうりょくは、大人おとなになってからやくつこともあります。

     うそをついているあなた。自覚じかくさえしていれば、きっと大丈夫だいじょうぶ。あまり自分じぶんめすぎないでくださいね。


    『もうちょっとだけどもでいよう』

    岩瀬成子いわせじょうこちょ

    理論社りろんしゃ 1677えん


     エッセイストの華恵はなえさんが、ほんにまつわるおもきなほん紹介しょうかいします

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
    2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
    3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
    4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
    5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです