メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

理想の図書館を求めて

/5止 慶応大・糸賀名誉教授に聞く 集客力ある公共施設 優秀な職員置き、魂を入れて /茨城

 自治体の図書館はどうあるべきか、各地で模索が続いている。まちづくりの中でどう位置づけるか、そして住民たちは何を求めているのか、全国の図書館を訪ね歩き研究を続ける慶応大の糸賀雅児(まさる)名誉教授(図書館経営論)に尋ねた。【聞き手・大場あい】

 --守谷市が来年度、指定管理者制度に基づいて民間事業者が担っていた市立図書館の運営を直営に戻すのをどう考えるか

 ◆守谷は、教育委員会からの諮問に図書館協議会が指定管理を否定する答申をまとめ、これを市長が受け入れ…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです