特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-佐藤康光九段 第6局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

執念も及ばず

 朝、駒を並べているときから広瀬の表情はほとんど変わらない。ひたすらに読みに集中し淡々と指している印象だ。一方の佐藤は考慮中に髪をかきあげる癖があり、終盤に入るころには頭髪が乱れて逆立っているのがいつものスタイル。形勢のうんぬんにかかわらず、両者の終盤戦はこうした情景になるのだが、本局では優勢な広瀬と劣勢の佐藤の形勢の差がそのまま対比して映し出されているように感じた。

 図から先に[後]5三香と攻めても[先]5二飛と攻防に打たれ、[後]3六馬[先]5九歩[後]5六香[先]同飛成[後]2五馬[先]5二と[後]4七銀[先]5四竜[後]5八歩成[先]同歩[後]5七歩[先]同歩[後]5八歩[先]6一と[後]5九歩成の変化が感想戦で並べられたが、「ダメですね。5対2(守り駒が先手・角金金金銀、後手・金銀)ですから、はがし合いでは3手負けです」と佐藤はさじを投げた。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文832文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集