メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迷い犬

小さな家族、捜しています 矢谷さんの愛犬「まあちゃん」3カ月行方不明 「些細でも情報提供を」謝礼金も /三重

 名張市美旗中村の自営業、矢谷公平さん(44)と妻、真知子さん(42)の愛犬「マリア(雑種、9歳、雌、愛称まあちゃん)」が行方不明になって3カ月近くが経過した。矢谷さん夫妻にとって家族同然の存在で、2人はチラシを配布するなどして捜索しており、発見者には謝礼金50万円を支払うことも決めた。矢谷さん夫妻は「些細(ささい)な情報でもいいので提供してほしい」と呼び掛けている。【広瀬晃子】

     まあちゃんは、公平さんが北海道で暮らしていた時に保護した2匹の捨て犬が産んだ犬。生まれつき脚に障害があり、立つことも困難だった。母乳を飲むこともできなかったため、公平さんらが哺乳瓶で授乳しながら育てた。同居していた父親も2年前にがんで亡くなるまで一緒に寝るなど溺愛していたという。公平さんは「かけがえのない家族の一員。てんかんの持病もあるので心配」と顔を曇らせる。

     行方不明になったのは5月31日午前4時ごろ。日課の排尿のため、公平さんが庭に放し、一瞬目を離したすきにいなくなった。出産のために実家に帰省中で不在だった真知子さんも帰宅し、二人で連日にわたって付近を捜索。数週間が経過しても見つからなかったため、ペットの探偵業者や動物保護団体にも捜索を依頼した。

     特徴や写真を載せたチラシを約8万枚作成。新聞の折り込みを依頼した他、多くの人に見てもらうため、夫妻で市内外の店舗など約200件を巡り、掲示を頼んできた。今月9日には近鉄名張駅の前でチラシを配布しながら「犬を捜しています」などと乗降客に声を掛けて協力を求めた。

     現在までの目撃情報は約10件。同市赤目町や黒田、東町などで「似た犬を見た」との連絡があったが、駆けつけたときには姿がなかったという。

     行方不明の1カ月後には、多くの情報を得るため、発見につながる情報の提供者には上限10万円、発見者には50万円の謝礼金を支払うことにした。夫妻は「励ましてくれたり、捜す協力をしてくれる人もいて感謝している。奈良県などに移動している可能性もあるので、多くの人の協力を得たい」と話している。

     まあちゃんは、怖がりで、はねるように歩く。写真や動画は動物保護団体「わんらぶ」のブログなどで公開中。問い合わせは矢谷さん(080・2640・0640)。

    〔伊賀版〕

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです