メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

コフィ・アナン氏 80歳=第7代国連事務総長

 【パリ賀有勇、ヨハネスブルク小泉大士】第7代国連事務総長を務め、2001年にノーベル平和賞を受賞したコフィ・アナン氏が18日死去した。80歳。コフィ・アナン財団(ジュネーブ)が発表した。死因は伝えられていないが最近病気を患っていたといい、ロイター通信は死去した場所をスイスのベルンの病院と報じた。

 1938年、西アフリカの英領ゴールドコースト(現ガーナ)生まれ。ガーナの大学などで学び、米マサチューセッツ工科大学で経営学修士号を取得した。世界保健機関(WHO)の行政・予算担当官として、62年に国連入り。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などに勤務し、93~96年には国連平和維持活動(PKO)…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです