メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

進む脱プラストロー 台湾、規制強化を商機に サトウキビなど代替品開発活況

サトウキビのストローをさしたタピオカミルクティーを手にする「鉅田友善材料」の黄千鐘代表。右側の瓶の中にあるのはサトウキビから作ったストローの材料=台湾中部・南投で2018年8月7日、福岡静哉撮影

 台湾の蔡英文政権が廃プラスチック対策で2030年までにプラスチック製のストローなどを全面禁止にするとの先進的な目標を掲げ、注目を集めている。台湾はペットボトル回収率で世界トップレベルの実績があり、廃プラ対策でも目標の達成が期待されている。環境にやさしい商品の開発も進み、特産のサトウキビを使ったストローも登場している。【南投(台湾中部)で福岡静哉】

 プラスチックごみによる海洋汚染問題を受け、台湾環境保護署(環境省)は今年2月、30年までに汚染の主…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1032文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです