メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

貿易摩擦の先に 注視すべき中国の役割=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

小倉和夫さん=宮本明登撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 鉄鋼・アルミ製品に始まってハイテク製品から農産物まで、米国と中国との間の貿易経済摩擦は、世界に大きな懸念を与えている。国際経済制度や国際社会全体からみると、両者のいがみ合いは国際社会の将来を考えるうえで、いくつか深刻な問題を提起している。

 一つは、グローバリゼーション(世界化)への影響だ。これまでもグローバリゼーションの負の側面、例えば、格差の拡大、弱者切り捨て、製品やサービスの極端な均一化といった側面は、いろいろ批判されてはきた。しかし、その間、米国はグローバリゼーションの推進役として、そうした負の側面よりも、プラスの側面に目を向けるべきだとの立場であった。

 ところが、今、グローバリゼーションの旗頭だった米国自らが、国際的にマイナスを負い、損害をこうむって…

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1730文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです