メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外改憲勢力3分の2割り込む
もとをたどれば

セイコーエプソン 大ヒット商品「EP」に続け

 長野県諏訪市の精密機器メーカー。エプソン(EPSON)は1968年に発売し、世界的に大ヒットした小型プリンター「EP(Electric Printer)-101」にちなむ。重さ2・5キロと先行メーカーの4分の1の軽量化に成功し、一時は世界シェアの9割を握った。「EP-101が新たな価値を生み出したように、製品である息子たち(SON)を多く生み出していこう」との思いを込め、「EP」に「SON」をくっつけた。

 元は信州精器という社名だった。服部時計店(現セイコーホールディングス)の時計部品を製造する諏訪精工…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文621文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです