メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

酷暑を乗り切る 香味野菜、酢で食欲刺激

トマトとキウイフルーツに塩と粗びきコショウを振ってサラダに=大和田香織撮影

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 8月後半は暑さに体がようやく適応してくる時期。一方で、暑くて体を動かさないため食欲がわかず、作るのも食べるのもおっくうになる。食の細りがちなシニアは特に注意が必要だ。どんなことに気をつければいいのか。

 ●「低栄養」に注意

 「やせて筋肉量が減り、体が動かず、さらに食べられない。こんな悪循環に陥らないように」。東京都健康長寿医療センター研究所(板橋区)の成田美紀研究員は、15年前から各地でシニア向けの低栄養予防教室を開いて呼びかけている。

 高齢者は、肥満になりやすい中年期と異なり、低栄養状態に注意したい。「低栄養」とは、生命維持に必要な…

この記事は有料記事です。

残り2313文字(全文2612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  2. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  3. いじめ訴える女児に適切な対応せず、自殺未遂 山口・下関の市立小

  4. 悼む 大相撲の井筒親方、元関脇・逆鉾 井筒好昭さん=9月16日死去・58歳

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです