メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

酷暑を乗り切る 香味野菜、酢で食欲刺激

トマトとキウイフルーツに塩と粗びきコショウを振ってサラダに=大和田香織撮影

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 8月後半は暑さに体がようやく適応してくる時期。一方で、暑くて体を動かさないため食欲がわかず、作るのも食べるのもおっくうになる。食の細りがちなシニアは特に注意が必要だ。どんなことに気をつければいいのか。

 ●「低栄養」に注意

 「やせて筋肉量が減り、体が動かず、さらに食べられない。こんな悪循環に陥らないように」。東京都健康長寿医療センター研究所(板橋区)の成田美紀研究員は、15年前から各地でシニア向けの低栄養予防教室を開いて呼びかけている。

 高齢者は、肥満になりやすい中年期と異なり、低栄養状態に注意したい。「低栄養」とは、生命維持に必要な…

この記事は有料記事です。

残り2313文字(全文2612文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです