メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『現代文士廿八人』=中村武羅夫・著

 (講談社文芸文庫・1728円)

第一印象による明治の文学像

 明治の文学者の素顔を伝える貴重な著作。著者は二〇、二一歳のころに書いた。

 作家中村武羅夫(むらお)(一八八六-一九四九)は、北海道・空知の開拓農民の家に生まれた。代用教員のあと上京し、文芸誌『新潮』をてつだう。一九〇八年(明治四一年)から訪問記者として「廿(にじゅう)八人」の文士を訪ね、その<初対面>の率直な印象を『新潮』に連載(筆名・王春嶺)。最年長は内藤鳴雪(六一歳)、最年少は片上天弦(二四歳)。以下同様に、掲載時の文士の年齢、作品の状況などを記しておく。

 夏目漱石(四一歳/『それから』の一年前)。漱石を訪ねたのは、夕方六時ごろ。「初秋の日はすでに暗かっ…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1521文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです