メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『現代文士廿八人』=中村武羅夫・著

 (講談社文芸文庫・1728円)

第一印象による明治の文学像

 明治の文学者の素顔を伝える貴重な著作。著者は二〇、二一歳のころに書いた。

 作家中村武羅夫(むらお)(一八八六-一九四九)は、北海道・空知の開拓農民の家に生まれた。代用教員のあと上京し、文芸誌『新潮』をてつだう。一九〇八年(明治四一年)から訪問記者として「廿(にじゅう)八人」の文士を訪ね、その<初対面>の率直な印象を『新潮』に連載(筆名・王春嶺)。最年長は内藤鳴雪(六一歳)、最年少は片上天弦(二四歳)。以下同様に、掲載時の文士の年齢、作品の状況などを記しておく。

 夏目漱石(四一歳/『それから』の一年前)。漱石を訪ねたのは、夕方六時ごろ。「初秋の日はすでに暗かっ…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです