メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『ベラスケス 宮廷のなかの革命者』=大高保二郎・著

 (岩波新書・1037円)

 夏目漱石『三四郎』に登場する画家は、ベラスケスを「技巧の極点に達した人」と評している。だが、著者にとって、ベラスケスは超絶技巧の宮廷画家のみならず、近現代の扉を開く「絵画の革命者」なのだ。

 マドリードの王宮の地階には「バッコスの勝利」とよばれる卑俗な酔っぱらいの群像図が描かれていた。それは飛躍の第一歩であった。

 十七世紀のスペインは宗教画一辺倒だった。だが、ベラスケスは神話ですら風俗の情景に置き換える。そのま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです