メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

佐藤優・評 『サリン事件死刑囚 中川智正との対話』=アンソニー・トゥー著

 (KADOKAWA・1512円)

加害者になってしまう構造的問題

 7月6日にオウム真理教事件関係の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら7人、同26日に6人の死刑執行がなされた。これでオウム真理教事件で死刑が確定した13人の刑の執行はすべて終了した。しかし、なぜ人間の救済を教義に掲げる宗教団体が大量破壊兵器を用いた殺人に手を染めたかについての解明が十分になされたとは言えない。そのような状況で、本書が上梓(じょうし)された意義は大きい。

 アンソニー・トゥー博士(米国コロラド州立大学名誉教授)は、ヘビ毒の世界的権威で生物・化学兵器に関して詳しい。日本の警察に協力してオウム真理教によるサリン事件解明のきっかけを作った人物だ。トゥー氏は、坂本堤弁護士一家殺人事件、松本サリン事件、地下鉄サリン事件、東京都庁小包爆弾事件などに関与し、死刑が確定した中川智正氏と2011年から15回面会した。面会の目的は、オウム真理教による生物・化学兵器製造…

この記事は有料記事です。

残り1649文字(全文2064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  2. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  3. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです