メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『武満徹の電子音楽』 著者・川崎弘二さん

 ◆川崎弘二(かわさき・こうじ)さん

 (アルテスパブリッシング・1万2960円)

 手に取った時のズシリとした重みが、ただならぬ本であることを教えてくれる。20世紀後半の日本の現代音楽をリードした武満徹(1930~96年)の創作活動を、徹底的に検証した一冊。「なんで、武満はここでこんな作品を作ったのか。なんで、こんなことをやっていたのか。『知りたい』という思いが根底にありました」。強い好奇心に突き動かされた研究の成果は、重さ約1・7キロ、本文だけで120万字を数える1000ページ超の大作に結晶した。

 武満が「混雑した地下鉄の狭い車内で、調律された楽音のなかに騒音をもちこむことを着想した」とされる48年から記述は始まる。ファクトに徹した筆致で、武満と彼の周囲の創作の記録が年代順に丹念に積み重ねられる。「画家や写真家、詩人ら同時代の芸術家たちと武満の交流をクロノロジカルに記すことで、戦後のメディアパフォーマンス史が浮かび上がってくると思いました」。NHKの番組アーカイブスを使った調査では、「実は…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文1027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 兵庫ボーガン事件 同級生「容疑者は明るく優しい子」 矢が刺さった女性に現場騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです