メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『武満徹の電子音楽』 著者・川崎弘二さん

 ◆川崎弘二(かわさき・こうじ)さん

 (アルテスパブリッシング・1万2960円)

ファクトに徹した筆致

 手に取った時のズシリとした重みが、ただならぬ本であることを教えてくれる。20世紀後半の日本の現代音楽をリードした武満徹(1930~96年)の創作活動を、徹底的に検証した一冊。「なんで、武満はここでこんな作品を作ったのか。なんで、こんなことをやっていたのか。『知りたい』という思いが根底にありました」。強い好奇心に突き動かされた研究の成果は、重さ約1・7キロ、本文だけで120万字を数える1000ページ超の大作に結晶した。

 武満が「混雑した地下鉄の狭い車内で、調律された楽音のなかに騒音をもちこむことを着想した」とされる4…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです