メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

がん検査/上 高齢者の大腸内視鏡

横になる患者に細い管を挿入して大腸にがんがないか調べる内視鏡検査=関東中央病院提供

 医療情報があふれる社会だからこそ、不適切な医療を控え、エビデンス(科学的証拠)のある確かなものを賢く選択したい。今回は、超高齢社会を迎え、関心が高まるがんの検査について計3回報告する。1回目は、大腸がんの内視鏡検査について取り上げた。【河内敏康】

死亡例多く高リスク 筋肉薄く 穿孔、出血

 首都圏のあるクリニックの消化器専門医はこう打ち明けた。「高齢者が大腸がんの内視鏡検査を受けに来ますが、リスクが高いので80歳以上は基本的に断っている」

 大腸がんは結腸や直腸、肛門にできるがんの総称だ。腺腫という良性のポリープががん化してできたり、粘膜…

この記事は有料記事です。

残り2217文字(全文2487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  2. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです