連載

Features・2020年へ

Features(フィーチャーズ)は英語で特集や主役などを意味する。2年後の東京五輪を目指し、アジア大会を戦う日本選手団を紹介する。

連載一覧

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 ソフトボール 上野由岐子(36) 再び「金」へ投げ続ける

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
上野由岐子・北京五輪からの10年
上野由岐子・北京五輪からの10年

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 「たくさんいる選手の中からの任命に、感謝と誇りをもってやりたい」と意気に感じていた旗手の大役。「ジャパン」のアナウンスとともに競技場が大歓声に包まれると笑みを浮かべ、ジャカルタの夜空に日の丸をはためかせた。史上最多の日本選手団の先頭に立つ姿は、この10年間、日本ソフトボール界を引っ張ってきた歩みに重なって映る。

 2008年北京五輪で日本ソフトボール史上初の金メダルを獲得した時は26歳。歓喜の輪の中心で、チームメートと抱き合いながら涙を流した。北京五輪の決勝トーナメント計3試合で投じた「上野の413球」は今も語り草になっている。

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1091文字)

あわせて読みたい

注目の特集