メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日本 南アに敗れ、準決勝進出ならず
全国高校総体

吉田、200自も優勝 競泳男子

 全国高校総体(インターハイ)第18日は18日、名古屋市のガイシプラザなどで行われ、競泳200メートル自由形の男子は吉田啓祐(東京・日大豊山)が1分50秒32で制し、前日の400メートル自由形に続く2冠を達成した。女子は今井美祈(愛知・豊川)が2分1秒48で勝った。

 女子50メートル自由形は大内紗雪(神奈川・日大藤沢)が25秒33で、男子200メートルバタフライは石川慎之助(愛知・中京大中京)が1分57秒79で勝った。男子板飛び込みは西田玲雄(大阪・桃山学院)が573・90点で初優勝。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです