メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争を知らないけれど

/5 砂川闘争、足跡守る 23歳、平和の原点 現場に無料塾

砂川平和ひろばの福島京子さん(左)と計画中の食堂で使う野菜の状態を確認する瀬上拡史さん=東京都立川市で2018年8月5日、竹内紀臣撮影

 東京都立川市砂川町はかつて、旧米軍立川基地の滑走路拡張に住民らが反対した「砂川闘争」の現場だった。今は畑が点在する住宅街となった片隅に、闘争の歴史を語り継ぐ市民団体「砂川平和ひろば」の事務所がある。今年2月、東京都の塾勤務、瀬上拡史(ひろし)さん(23)が門をたたいた。

 休日にできるボランティアをインターネットで検索し、たどり着いた。学生時代にフィリピンのスラム街でボランティアをし、平和と貧困に関心がある。しかし、立川に基地があったことも、住民と警官隊が衝突を繰り返した砂川闘争のことも知らなかった。室内の壁には、抗議の座り込みをする住民や、民家の真上を飛ぶ米軍機の白黒写真が掲げられている。闘争の歴史に目を見張った。

 「ひろば」は2010年、反対運動の中心にいた農家の故・宮岡政雄さんの次女、福島京子さん(68)が開…

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです