近鉄

ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
近鉄の新型ホーム柵のイメージ
近鉄の新型ホーム柵のイメージ

 近畿日本鉄道は、電車が到着すると柵が下がる新型の可動式ホーム柵の開発を進めている。動力部をホームの下に置くため、左右方向にスライドして開閉する一般的なホームドアを設ける空間がない駅でも設置しやすい。数年内に実証試験に着手し、導入を目指す。

 ホームの端に沿って複数に分割して設置した柵が同時に上下し、乗降時にはホームと同じ高さまで下がる。柵の厚さや材質は検討中だが、車両との隙間(すきま)が狭い場所はホーム側を削る。センサーなどで乗降客の安全に配慮す…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

あわせて読みたい

注目の特集