メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム 素材は身近にあるかも

北海道猿払村のオホーツク海沿岸に建つインディギルカ号遭難者慰霊碑

 「旅するカモメ」では、これまで対馬・釜山(韓国)、稚内・サハリン(ロシア)、八重山・台湾の国境地域が取り上げられました。いずれの地域も国際定期航路あるいは航空路があり、国境をまたいで双方を同時に訪れることでユニークな旅を体験できます。

 しかしながら、「国境を越える=ボーダーツーリズム」ではありません。重要なのは、目的地がボーダーランド(国境・境界地域)であるか否かです。つまり、実際に越境しなくても、ボーダーツーリズムは創り出しうるのです。

 例えば、北方領土を除けば日本最北の町・北海道礼文町に、よく晴れた日にサハリンが望める最北限の地・ス…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文822文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです