メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・心のサプリ

東京医大入試操作に潜む心理=海原純子

東京医科大

 東京医科大の女子受験生入試得点操作問題が連日のようにメディアでとりあげられている。「女性差別」は医学界では常識なのか、という問いに対して、この問題は実は日本社会がもつ心理的「ゴースト」が大きく影響していることに気づいてほしいと強く思っている。

 「ゴースト」というのは、目にみえず、人がその存在に気がつかないうちに知らず知らず縛られている心理である。心理学者のアーノルド・ミンデルは、社会はその文化的背景の特徴がもつ傾向に縛られており、それを「ゴースト」という名称で表現している。

 日本の文化的背景はどんなものだろう、と考えながら東京医科大入試問題をとらえてみたい。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1131文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  4. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです