メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京医科大

入試操作 女子排除の「本音」と「構造」

記者会見を終え一礼する学校法人東京医科大学の行岡哲男常務理事(左)、東京医科大学の宮沢啓介学長職務代理=東京都内のホテルで2018年8月7日、長谷川直亮撮影

 女子の合格者を抑制するための得点操作を行っていた東京医科大の不正入試問題。女性差別や働き方といった視点から議論されがちだが、特定NPO法人「医療ガバナンス研究所」の上(かみ)昌広理事長の見方は少し異なる。「教育機関である大学の入試が、系列病院の労働力確保の場になっているのがそもそもおかしい。これはガバナンス(組織統治)の問題です」。自らも医師として大学病院に勤務し、大学で学生の指導にも当たってきた上さんに聞いた。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

 東京医大の内部調査では、2浪以内の男子が有利になるよう得点操作していたことが分かっている。内部調査…

この記事は有料記事です。

残り2726文字(全文3005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです