メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん検診リスク

自治体の4割説明せず 16年度調査

 がんの早期発見のため、全国の自治体が公費で行うがん検診を巡り、検査に伴う不利益を説明しない自治体が2016年度は4割に上ったとする調査結果を、国立がん研究センターがまとめた。検査では、誤って「がんの疑い」とされた人が不要な精密検査や治療を受けさせられる恐れがあるため、専門家は検査に伴う不利益をきちんと知らせるべきだと訴えている。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです