メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島土砂災害

4年 心にともす減災の誓い

土砂災害から4年を迎え、キャンドルを並べる永田俊太郎さん。親戚の家が流されたといい、「思いを込めて並べました」=広島市安佐南区で2018年8月20日午前3時51分、久保玲撮影

 77人が死亡した広島土砂災害は20日、発生から4年を迎えた。広島市安佐南、安佐北両区の被災地では、未明から遺族や住民が住宅跡地や慰霊碑を訪れ、花を手向けた。先月の西日本豪雨では広島県で108人が亡くなり、人々は犠牲者を悼むとともに、減災への誓いを新たにした。

 65人の犠牲者名が刻まれる安佐南区八木3の市立梅林小…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです