メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

「江戸名所図屏風」左隻(部分) 街の表情生き生きと

八曲一双 江戸時代 紙本金地着色 各107・2センチ×488・8センチ 出光美術館蔵

 人のエネルギーに満ち満ちている。2枚組みの屏風(びょうぶ)の中、右隻(うせき)に約1000人、左隻に約1200人もが描かれているからだ。

 江戸の街を描いた「江戸名所図屏風」は、直線距離にすると約10キロの範囲を描いている。北は上野・浅草から、南は品川まで。浅草寺、神田明神、増上寺など今もおなじみの名所を絵の中に見つけることができる。だがここでの主役は、街というより、街に生きる人だ。

 「とても個性的な都市図です」。出光美術館の廣海(ひろみ)伸彦学芸員は話す。京の街を描いた洛中洛外図…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです