メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

「江戸名所図屏風」左隻(部分) 街の表情生き生きと

八曲一双 江戸時代 紙本金地着色 各107・2センチ×488・8センチ 出光美術館蔵

 人のエネルギーに満ち満ちている。2枚組みの屏風(びょうぶ)の中、右隻(うせき)に約1000人、左隻に約1200人もが描かれているからだ。

 江戸の街を描いた「江戸名所図屏風」は、直線距離にすると約10キロの範囲を描いている。北は上野・浅草から、南は品川まで。浅草寺、神田明神、増上寺など今もおなじみの名所を絵の中に見つけることができる。だがここでの主役は、街というより、街に生きる人だ。

 「とても個性的な都市図です」。出光美術館の廣海(ひろみ)伸彦学芸員は話す。京の街を描いた洛中洛外図…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです