メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

Tシャツの破壊力=永山悦子

 先月、英高級ブランドのバーバリーが、安売りを防ぐため、日本円にして約42億円もの衣料品などの売れ残りを焼却処分していたというニュースが流れた。「なんてもったいないことを」。そう思った人は多いだろう。しかし、ここでもう一歩進んで考えてみたい。

 世界中の衣料品の売上高は2002~15年の間に1・8倍にも増加(国際NGOグリーンピース試算)。一方、英国のエレン・マッカーサー財団によると、衣服の着用回数は00年代初めから4割近くも減ったという。つまり、どんどん売られ、どんどん使い捨てられているということ。いわゆる「ファストファッション(最新流行を取り入れつつ低価格に抑えた衣料品)」の影響が大きいらしい。

 夏の初め、あるファストファッションの店へ行くと、入り口に並んでいたのは1枚290円のTシャツ。それ…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  3. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  4. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです