メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

円仁の足跡 唐代国清寺遺跡(中国・江蘇省) 東アジアのランドマーク

 東アジア3大旅行記の一つといわれる「入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいこうき)」を著した平安時代前期の高僧円仁(794~864年)ゆかりの寺院跡が中国で見つかった。長江の河口に近い江蘇省如東の国清寺(こくせいじ)。円仁が唐に留学した時、上陸直後に滞在した。円仁は在唐9年。重要な滞在先が10カ所以上知られるものの、当時の遺構そのものが確認されたのは初めてだ。東アジアの交流史を伝える貴重な遺跡として興味深い。

 発掘は南京大学歴史学院の賀雲〓教授の研究班が行った。昨年7月から約1年調査し、先月、賀教授が中国で…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです