メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

野平一郎 宙づりの自分自身を探して オペラ《亡命》作曲 22、23日初演

スコアを前に語る野平一郎

 野平一郎のオペラ《亡命》の世界初演が「サントリーホール サマーフェスティバル2018」で行われる(22、23日、東京・サントリーホール)。野平に「亡命」の概念は何か、聞いた。

 野平と音楽学者の野平多美夫妻によるテキストは基本的に1950年代のハンガリー動乱を背景にする。当時、共産圏のハンガリーにいた2組の芸術家夫婦が、1組はウィーンへ亡命に成功し、1組は自国にとどまる。亡命した作曲家は西側で大成功する。その妻は精神科医で、自国にとどまった作曲家の妻と現在では妻同士の電話を交わしている。今はハンガリーも共産圏ではなく、亡命とは何だったのか、自由への旅だったのか--。

 「20世紀以降、芸術家の亡命がクローズアップされ、ここ4、5年、自分の頭の中を占めてきた。ウィーン…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです