メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「八月納涼歌舞伎」 幸四郎、源五兵衛に妖気=評・小玉祥子

 3部制形式。3部の「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」(鶴屋南北作、郡司正勝補綴(ほてつ)・演出、織田紘二演出)の通しが見応えあり。

 源五兵衛の幸四郎は前半はおっとりとしたところを見せ、後半では不気味さ、怖さを出す。小万(七之助)を殺害した後、首をふところに花道を去る姿に妖気が漂う。

 七之助は夫三五郎(獅童)への強い愛情が感じられ、せりふにメリハリが利き、美しく色気がある。

 すべてが裏目に出てしまうのが三五郎。見えざる手に翻弄(ほんろう)される切なさと女房小万への思いを獅…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 「次の首相」石破氏が19%で首位 岸田氏3%、小泉氏6% 毎日新聞世論調査

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです