ボクシング

山根氏不正疑惑 連盟、第三者委を設置

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日本ボクシング連盟は20日、会長を辞任した山根明氏による審判への不正介入疑惑などを解明するため、第三者調査委員会を設置したと発表した。9月28日までに調査内容と改善点をまとめ、日本オリンピック委員会(JOC)と日本スポーツ協会に報告する。

 第三者委は日本弁護士連合会(日弁連)元会長の梶谷剛氏ら弁護…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

あわせて読みたい

ニュース特集