メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本の保健室

大切な一冊、補修します 浜松・浜北図書館 /静岡

 浜松市立浜北図書館2階の片隅にある「本の保健室」。子ども用の絵本から年季が入った辞書まで、幅広い世代が大切な一冊を持参し、スタッフ3人で傷んだ本の補修に当たる。「好きな本をいつまでも大切にしたい」。利用者の本への思いやりが活動を支えている。

 保健室は、原則第1月曜と第3土曜にオープン。本の種類や補修箇所を「カルテ」に記入する。破れたページには専用テープを貼り、はがれた表紙は接着剤で補修。小さな汚れは紙やすりを使い、削り取る。細かな手作業を慎重に進めるため「治癒」には約1週間かかる。

 今月上旬、同市浜北区の市原郁美さん(35)が長男陽生ちゃん(1)らと共に、預けた本を受け取りに保健…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  4. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  5. 京都の社長、同志社大卒9年連続トップ 近畿6府県でも2位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです