メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道展中国展

中国地区書家の作品解説/下 /広島

あす開幕 7部門の830点展示 広島県立美術館

 第70回毎日書道展中国展(毎日新聞社、毎日書道会主催)は21日、広島市中区の広島県立美術館地下1階県民ギャラリーで開幕する。26日まで。一般600円、高校生以下無料。

 広島、岡山、島根、鳥取4県の受賞・入選作をはじめ、毎日書道展審査会員、会員の作品など約830点を展示。漢字、かな、近代詩文書、大字書、篆刻(てんこく)、刻字、前衛書の7部門にわたる多彩な表現を堪能できる。

 原田心龍・実行委員長が11日の<上>に引き続き、中国地区の代表的な書家の展示作を解説する。

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです