メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道展中国展

中国地区書家の作品解説/下 /広島

あす開幕 7部門の830点展示 広島県立美術館

 第70回毎日書道展中国展(毎日新聞社、毎日書道会主催)は21日、広島市中区の広島県立美術館地下1階県民ギャラリーで開幕する。26日まで。一般600円、高校生以下無料。

 広島、岡山、島根、鳥取4県の受賞・入選作をはじめ、毎日書道展審査会員、会員の作品など約830点を展示。漢字、かな、近代詩文書、大字書、篆刻(てんこく)、刻字、前衛書の7部門にわたる多彩な表現を堪能できる。

 原田心龍・実行委員長が11日の<上>に引き続き、中国地区の代表的な書家の展示作を解説する。

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです