メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

揺れる世界貿易体制=回答・岡大介、安藤大介

貿易を巡る構図の変遷

 トランプ米大統領が外国製品に高い関税をかける「貿易戦争」を仕掛け、各国は「自由貿易の流れに反する」と反発しています。米国の産業や雇用を守るのが狙いですが、こうした保護主義的な政策がなぜ問題なのでしょうか。歴史をたどりました。

 ◆恐慌後の保護主義、結末は?

 なるほドリ トランプ米大統領の通商政策が保護主義的と批判されているね。

 記者 保護主義とは、自国の産業を守るため外国製品が国内に流入するのを制限すべきだとする考え方を指します。外国製品に高い関税をかけたり、国内で独自の製品規格を設けて海外メーカーが参入しにくくしたりするなどの手法があります。第二次世界大戦が勃発した背景に保護主義の拡大があるとされ、その反省から自由貿易が重視されるようになったのです。

この記事は有料記事です。

残り1669文字(全文1999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです