メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

揺れる世界貿易体制=回答・岡大介、安藤大介

貿易を巡る構図の変遷

 トランプ米大統領が外国製品に高い関税をかける「貿易戦争」を仕掛け、各国は「自由貿易の流れに反する」と反発しています。米国の産業や雇用を守るのが狙いですが、こうした保護主義的な政策がなぜ問題なのでしょうか。歴史をたどりました。

 ◆恐慌後の保護主義、結末は?

経済ブロック化、大戦招く

 なるほドリ トランプ米大統領の通商政策が保護主義的と批判されているね。

 記者 保護主義とは、自国の産業を守るため外国製品が国内に流入するのを制限すべきだとする考え方を指し…

この記事は有料記事です。

残り1773文字(全文1999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです