メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

フランス発「魔法の」認知症ケア 「ユマニチュード」考案者 イヴ・ジネスト氏

「ユマニチュード」考案者 イヴ・ジネスト氏

尊厳保つ、接し方の技術

 フランスで生まれた認知症のケア技法「ユマニチュード」が、日本の医療・介護現場で広がっている。導入後に「暴力的だった患者が素直になった」「寝たきりの人が自ら歩き始めた」といった変化が報告され、しばしば「魔法のケア」とも呼ばれる。これまでのケアと何が違うのか。考案者のイヴ・ジネスト氏(65)に聞いた。【聞き手・曹美河、写真・藤井達也】

--ユマニチュードはどのように生まれたのですか。

この記事は有料記事です。

残り2871文字(全文3073文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 俳優 82歳アラン・ドロンさん回想 「ちんぴらだった」
  5. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです