メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

フランス発「魔法の」認知症ケア 「ユマニチュード」考案者 イヴ・ジネスト氏

「ユマニチュード」考案者 イヴ・ジネスト氏

尊厳保つ、接し方の技術

 フランスで生まれた認知症のケア技法「ユマニチュード」が、日本の医療・介護現場で広がっている。導入後に「暴力的だった患者が素直になった」「寝たきりの人が自ら歩き始めた」といった変化が報告され、しばしば「魔法のケア」とも呼ばれる。これまでのケアと何が違うのか。考案者のイヴ・ジネスト氏(65)に聞いた。【聞き手・曹美河、写真・藤井達也】

--ユマニチュードはどのように生まれたのですか。

この記事は有料記事です。

残り2871文字(全文3073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 人面魚、今も山形の寺に 昭和→平成→令和へ
  4. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?
  5. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです