メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

水俣病不知火患者会会長・大石利生さん=7月6日死去・78歳

=熊本県水俣市で2010年3月28日、矢頭智剛撮影

全被害者救済に尽力 大石利生(おおいし・としお)さん=悪性腫瘍のため、7月6日死去・78歳

 水俣病の患者・被害者団体は被害補償を求める手法に対する考え方の違いなどから複数に分かれ、別々に裁判や交渉などを展開してきた歴史がある。そうした中、大石さんは他団体主催の集会や講演会にも顔を出した。「皆、同じ被害者ですから」。昨年、各団体が長年の垣根を越えて「水俣病被害者・支援者連絡会」を結成できた陰には、大石さんの真摯(しんし)な姿があったと私は思う。

 熊本県水俣市の高台の地域に生まれ、水俣湾の魚を食べて育った。水俣病の原因企業チッソや関連会社に約2…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです