メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者ノート

障害ある子の安全守って

 福岡県久留米市の特別支援学校で給食中に窒息して重い脳障害を負った男性(20)に対し、災害共済給付の障害見舞金が支給されなかったことの是非を問う裁判の判決が10日、出された。男性には生まれつき脳性まひの障害があったものの、車椅子で登校し、声や表情で意思表示し、口から食事もできた。男性の母親(52)は「事故で障害が重くなった」と訴えたが、福岡地裁久留米支部は母親の請求を棄却した。

 災害共済給付は、学校管理下で事故などに遭った児童・生徒らに障害見舞金などを支給する制度。支給の可否を判断するのは、独立行政法人日本スポーツ振興センターだ。2012年の事故当時、中学3年だった男性については「元々最も重い等級の障害があった」として「等級が重くなった分だけ支給する」との規定を理由に不支給とした。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです