メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

経口妊娠中絶薬 ネット購入は危険の極み

 薬を飲むことで妊娠を中断できる方法を日本に導入することが僕の近未来の夢になっています。

 妊娠12週未満のいわゆる妊娠初期の人工妊娠中絶としてわが国で広く行われているのは、子宮内容除去術です。子宮頸管(けいかん)を拡張し、静脈麻酔をかけたうえで、胎児、胎児付属物、凝血塊などの子宮内容を胎盤鉗子(かんし)で除去し、さらにキューレットという器具で掻爬(そうは)する手術方法です。必要に応じて、手術後に子宮収縮剤や抗生物質が投与されます。最近では吸引法も用いられるようになっていますが、いずれも器械的中絶法の範ちゅうに入っています。

 ここで紹介するのは経口妊娠中絶薬。決して新しい薬ではなく、フランスでは1988年、世界に先駆けて承認されています。その後、安全性、有効性、受容性など器械的中絶法に比べ高い評価を得ていることから、2017年末までに65カ国・地域で使用されています。この薬は、妊娠を維持するのに必要なプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用を抑えるミフェプリストンと、子宮を収縮させるミソプロストールで、妊娠49日までに適…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです