連載

週刊サラダぼうる・きらり

がむしゃら一辺倒の「女性活躍」ではなく、自分らしい働き方を見つけた女性たちの百人百様の輝きを紹介する。

連載一覧

週刊サラダぼうる・きらり

北欧で発見、京都の魅力 写真家・そば「本家尾張屋」16代目当主 稲岡亜里子さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
550年以上の歴史を持つ老舗そば屋を継いだ写真家の稲岡亜里子さん=京都市中京区で
550年以上の歴史を持つ老舗そば屋を継いだ写真家の稲岡亜里子さん=京都市中京区で

 <ki ra ri>

 京都市中心部にあるそば・菓子店「本家尾張屋」は、550年以上の歴史を持つ。2014年、家業を継ぎ店の16代目当主となった。元々の職業は写真家。ニューヨークや東京を拠点に世界中を飛び回り、その土地で暮らす人々の姿や風景をフィルムに収めてきた。今は店の経営に軸足を置きながら、アイスランドに通い作品を撮り続けている。

 中高と通ったエスカレーター式の私立女子校をやめ、米国カリフォルニア州の高校に留学したのは17歳の時。幼い頃から、実家を訪れる外国人たちが相手の目をしっかり見て話す姿にあこがれた。制服のスカート丈まで細かく定められるような学校生活や「みんなと一緒」が重視される人間関係が煩わしく、ずっと「京都を出たい、外国に行きたい」と思っていた。

この記事は有料記事です。

残り1575文字(全文1909文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集