メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

虚子の戦後俳句史=酒井佐忠

 たとえば加藤楸邨に中村草田男ら人間探求派と呼ばれる俳人から飯田蛇笏や金子兜太まで、戦後俳句を高浜虚子はどのように理解していたか。草田男や兜太などの個々の論争はあったが、虚子の視点で語られるものはほとんどない。だが、虚子による戦後俳句への鑑賞と批評が戦後73年たったいま明らかになった。筑紫磐井編著『虚子は戦後俳句をどう読んだか-埋もれていた「玉藻」研究座談会』(深夜叢書社)だ。

 虚子の次女、星野立子創刊の俳誌「玉藻」誌上に、1952年から7年余展開された「研究座談会」での虚子…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです