メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 バドミントン 桃田賢斗(23) 「感謝」胸に復活の頂へ

桃田賢斗 どん底から世界王者へ

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 違法賭博行為による約13カ月の出場停止処分から復帰後、バドミントン男子シングルスの桃田賢斗(23)=NTT東日本=が繰り返し話す言葉がある。「感謝の気持ちを忘れずにプレーする」。精神的に強くなったエースは5日まで中国・南京であった世界選手権で初優勝を遂げた勢いのまま、バドミントンの強豪が集うアジアの頂点を目指す。

 19日の男子団体1回戦のマレーシア戦、世界選手権準決勝で破ったダレン・リューを再び圧倒してストレー…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです