メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 バドミントン 桃田賢斗(23) 「感謝」胸に復活の頂へ

桃田賢斗 どん底から世界王者へ

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 違法賭博行為による約13カ月の出場停止処分から復帰後、バドミントン男子シングルスの桃田賢斗(23)=NTT東日本=が繰り返し話す言葉がある。「感謝の気持ちを忘れずにプレーする」。精神的に強くなったエースは5日まで中国・南京であった世界選手権で初優勝を遂げた勢いのまま、バドミントンの強豪が集うアジアの頂点を目指す。

 19日の男子団体1回戦のマレーシア戦、世界選手権準決勝で破ったダレン・リューを再び圧倒してストレー…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1193文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです