メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦争を知らないけれど

/6止 地域の記憶つなぐ 35歳ひ孫、伝える重みかみしめ

戦争遺品の展示会で、HKDの藤岡司理事長(右)から引き揚げ者一人一人の歴史を聞く藤崎潤さん=神戸市中央区の兵庫県遺族会館で5日、手塚耕一郎撮影

 神戸市の北の外れ、田園風景が広がる北区大沢(おおぞう)町に、町出身者の戦争体験を記録した冊子がある。町の忠霊塔の写真を表紙にあしらった「伝えたい、大沢町出征兵士からのメッセージ」。編集した35歳の藤崎潤さんは、曽祖父がパプアニューギニアで戦死し、2年前から兵庫県遺族会で青年部副部長として継承を担う。ひ孫世代がどう戦争を伝えるのか。

 畳職人だった曽祖父は2度目の召集で命を落とした。曽祖母から聞いていたが、当初は強い関心はなかった。…

この記事は有料記事です。

残り1496文字(全文1713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです