日中韓子ども童話交流2018

童話作家記念館、児童100人が訪問

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
子どもたちに絵本をプレゼントする島津正道館長(右)=山形県高畠町の「浜田広介記念館」で2018年8月19日、浜名晋一撮影
子どもたちに絵本をプレゼントする島津正道館長(右)=山形県高畠町の「浜田広介記念館」で2018年8月19日、浜名晋一撮影

 日本・中国・韓国の小学生が童話や絵本作りを通じ、友情を深める「日中韓子ども童話交流2018」(毎日新聞社主管)で、3カ国の参加者100人が19日、山形県入りし、高畠町の「浜田広介記念館」を訪れた。

 童話作家、浜田広介の作品を展示した同館で、子どもたちは代表作「泣いた赤おに」をスライドで鑑賞。島津正…

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文286文字)

あわせて読みたい

注目の特集